エアコンの廃品回収ってどこに頼めばいいの?エアコンの処分方法と業者の選び方!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

エアコンの廃品回収ってどこに頼めばいいの?エアコンの処分方法と業者の選び方!

  • 2017年5月9日
家電リサイクル法により、エアコンは廃棄処分に手数料が発生するようになりました。その一方で、都市部では「エアコンを無料で回収します」とアナウンスをしている軽トラックが住宅街を走っており、エアコンの正しい処分方法がわからないという方もいらっしゃるでしょう。ここでは、エアコンの処分方法と業者の選び方について詳しくご紹介します。  

エアコンの処分する方法ってどんなのがあるの?

家電や粗大ごみの回収として自治体の粗大ごみ回収を思いつくかもしれませんが、エアコンは回収の対象外となります。そこで、民間業者へ回収を依頼しなければなりません。具体的にどのような方法があるか詳しくご紹介します。  

①購入したお店に引き取ってもらう

エアコンを購入したお店に引き取ってもらう方法です。エアコンの廃棄を検討している方の中には、新しいエアコンを買い替えるために廃棄処分する方が多いのではないでしょうか。店頭で新しいエアコンを購入する際にリサイクル券も一緒に購入します。 そして、リサイクル料と収取運搬費用を支払い(工事費も別途支払う場合があります)、指定した期日に工事に来てもらいます。新しいエアコンを取り付けたと同時に、古いエアコンも回収してもらいます。   買い替えではなく、処分だけを依頼したい場合も、購入した店舗に引き取ってもらうことができます。というのも、家電リサイクル法で指定したテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機などは、購入したお店で処分する義務があるからです。 エアコンを買い替えるのではなく処分するだけという方でも、購入した店に問い合わせれば対応してくれるので、気軽に問い合わせてみましょう。その場合、工事費と出張費用を別途徴収されることがあります。  

②指定された場所に自分で持ち込む

一般財団法人家電製品協会が指定する引取場所に持ち込む方法もあります。自ら持ち込むことで、収集運搬費用がかからず、リサイクル料金のみで処分できる点で、最も安く処分できる方法と言えます。 ただし、エアコンの取り外しを自分で行わなければなりません。取り外しは決して難しくはありませんが、男性なら一人または二人がかりで作業することをおすすめします。  

③不用品回収業者に依頼する

不用品の回収を行っている業者に依頼して処分してもらう方法です。古物商許可を取得している業者を探して買い取ってもらいましょう。エアコンを取り外す作業を任せることもできますが、取り外しの工事費が発生することもあるので、詳しくは取扱業者にお問い合わせください。  

どんな基準で回収業者を選べばいいの?

ご自分で見つけた業者にエアコンの回収をお願いする場合、その業者が本当に信用できるかどうかを見分けなければなりません。 例えば、冒頭でも紹介した「エアコンを無料で回収します」とアナウンスしながら街を走る軽トラックの業者はおすすめしません。なぜなら、彼らのほとんどが、許可を受けていない違法業者であり、不要なトラブルを招く恐れがあるためです。 ほかにも、以下に挙げる3点のうち、1つでも該当するなら、その業者は避けた方が無難でしょう。   ・自治体から「一般廃棄物収集運搬許可」を受けていない ・「無料回収」と大きく掲載されている ・事務所の所在地が正確に記載されていない   よく間違えられるのは「一般廃棄物収集運搬許可」と「産業廃棄物収集運搬許可」です。 両者の違いは、産業廃棄物収集運搬業者は要件さえそろっていれば許可を受けられるのに対し、一般廃棄物収集運搬許可の方が厳しい審査を通過した上での許可を受けている点です。取り扱う廃棄物も異なり、エアコンの回収・処分ができるのは一般廃棄物収集運搬許可を受けた業者だけです。間違えやすいので注意しましょう。   また、家電リサイクル法により処分費用がかかると決められている以上、エアコンを無料で処分できることはまずありません。大々的に「無料回収」をうたっている業者は避けるべきでしょう。回収した後になって、手数料を請求されるなどのトラブルも多発しています。エアコンの処分には必ずお金がかかるものと心得ましょう。   回収業者に限らず、どのような企業でも事業所・営業所の所在地がはっきりと記載されていないところは、簡単には信用できないものです。一般廃棄物収集運搬許可を受けた業者は、正確に所在地を記載していますので、所在地と連絡先がはっきりとわかる業者を選びましょう。  

回収業者に依頼するときに気をつけるポイントは?

業者選びを慎重に行わなければならない理由は「トラブル」と「環境破壊」が起こっていることが挙げられます。  

 一般廃棄物収集運搬許可のない業者を選ぶとトラブルに巻き込まれる

エアコンの部品には銅などの貴重な資源が使われており、これらを取り出した後は適切に処理を行うことが義務付けられています。 許可を受けていない業者のほとんどは、貴重な資源を取り除いた後は不要になった部品を不法投棄したり、焼却処分する際に山火事を引き起こしたりといった事例が報告されています。 それだけでなく、エアコンに含まれているフロンガスは、適切な処理を行わなければ大気汚染、地球温暖化などの環境破壊にもつながります。違法業者はこのフロンガスの処理を行わずに不法投棄してしまうことが多いのです。  

 複数の業者に見積をしてもらう

エアコンの回収費用には明確な相場がありません。業者の裁量が利くので、複数の業者を比較して見積もりを取ってもらうと良いでしょう。そして、最終的にかかる費用をきちんと確認することです。費用相場がわかりにくいことを利用して、不当な処分費用を請求する業者もあるので、業者選びは慎重に行いましょう。   なお、古物商許可を受けった業者でも、「壊れたエアコンも買い取ります」とうたっている業者は要注意です。古物商許可証を持つ業者が買い取れるのは、まだ使える中古品だけで、商品として価値のない壊れたエアコンは、本来なら買い取ることができないからです。違法業者の恐れがあるため、回収処分の際は利用しないようにしましょう。  

まとめ

    エアコンの処分には必ずお金がかかります。お金はかかっても法律に従い、適切な処分をすることが重要です。回収を依頼する際、自治体からどのような認可を受けているのか、複数の業者と比較して処分費用が妥当かどうかを判断した上で業者を決めることをおすすめします。

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。