着物を売りたい方に読んでほしい!中古着物高価買取の知っ得情報!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

着物を売りたい方に読んでほしい!中古着物高価買取の知っ得情報!


flickr.com

自宅や実家のタンスの中に、着る機会のない着物が眠っている…。そんな方は意外と多いのではないでしょうか?

 

日常生活で着物を着る機会もほとんどないし、譲る人もいないし、古い柄だから欲しい人もいないだろうし、捨ててしまおうかなんて思っていませんか?

中古の着物は、実はかなり需要があるのです。着物になじみのない若い世代の人や日本にやってくる外国人観光客にもとても人気があり、レトロな柄がかえって好まれることも。

 

着物の処分を考えているなら、ぜひ着物の買取を利用することをおすすめします。特に、上質の着物やブランド品をお持ちなら、高値で買い取ってもらえる可能性があります。

着物をできるだけ高く売って、お得に処分する方法についてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

1.高く売れる着物ってどんなの?その査定ポイントとは?

着物には、振袖、留袖、浴衣などいろいろな種類があります。また、友禅や紬などの高級品から、木綿や麻のカジュアルな着物、最近ではポリエステル製のものも売られています。

どのような着物が、高く売れるのでしょうか?

 

一番売れる着物の種類は訪問着、振袖

まずは、着物の種類からみてみましょう。

着物の中で最も格式が高いのは黒留袖、そして色留袖、最もカジュアルなものが浴衣ですが、格式の高いものが売れるというわけではありません。着る機会が多いものほど需要が高くなるので、訪問着、小紋、振袖、浴衣などが売れているようです。

着物だけでなく、帯、襦袢、羽織、半襟、下駄などの小物類も買取対象になるので、まとめて査定に出すのがおすすめです。

 

人間国宝に指定される人気作家が手がけた着物

有名な作家や老舗ブランドの着物は、古いものであっても値段がつきます。特に、人間国宝になっている作家の着物は、きちんとした鑑定士に査定してもらえるお店に依頼することをおすすめします。

小宮康孝(江戸小紋)、羽田登喜男(友禅)、森口邦彦(友禅)など、多くの作家が人間国宝として国の認定を受けています。有名作家の着物を売る前に、ぜひネットで検索してみてください。

 

高級な着物は「証紙」の有無がポイント!

着物の値段は数万円から、数十万円、最近では1万円程度で買えるとてもカジュアルな着物も見かけます。格式の高い着物が高級というわけではなく、反物の種類から織元、手がけた作家によって値段はさまざま。友禅や紬といった上質な布を使って、有名な織元、作家によって作られた着物は百万円を超えるなんていうことも珍しくありません。

大島紬や加賀友禅などの伝統工芸品には、「証紙」と呼ばれる、製造元や素材などを示す証明書のようなものがあり、証紙の有無で査定金額が大きく違ってきます。査定を受けるときには必ず証紙も一緒に持っていきましょう。

 

着物のサイズは意外と需要なポイント

着物はフリーサイズではありません。特に、オーダーメイドで作られているような着物は、小さすぎたり大きすぎたりすることがあります。

特に、古い着物は当時の小柄な女性の体形に合わせて作られていることが多いので、現代人の体型には合わないということが意外とあるようです。

 

 

2.売れない着物の処分方法!

残念ながら値段がつかなかった着物は、リサイクルショップや民間の不用品回収業者で回収・処分してもらえます。

良い生地を使っているので処分するのはもったいないという場合には、着物をリフォームして洋服や小物を作るという方法もあります。リメイク素材として買い取ってくれる業者もいるので、ぜひネットで検索してみてください。

 

 

3.着物の高価買取ブランド


flickr.com

高く買ってもらえる着物には、どのようなものがあるのでしょうか?次のような種類の着物は高額買取が期待できるので、ぜひ、複数の店舗で査定を受けてみることをおすすめします。

 

伝統工芸品に指定されている友禅や紬は超高級品

着物に詳しくない方でも一度はその名前を聞いたことがある、大島紬、牛首紬、結城紬加賀友禅、京友禅、小千谷縮ほか。地域に伝わる伝統工芸品で、多くが、国の重要無形文化財として指定されています。

 

老舗の織元や着物店で作られたものは高額買取

川島織物などのメーカーや龍村平蔵といった有名な名前を継ぐ作家の作品などは、高額での買取が期待できます。ただし、しっかりとした鑑定士が在籍する専門店での査定を受けることが大切です。

 

人気作家や人気アパレルブランドの着物

人気の着物作家や、国内外のアパレルブランドが展開する着物も人気があります。ヒロミチナカノ、ツモリチサトといったデザイナーズコレクションや、組曲、23区などの着物は若い人に人気です。

 

 

4.着物を売る業者選びのポイント

flickr.com

思い入れのある大切な着物の処分は、できるだけ大事に扱ってくれる業者に任せたいですよね。

リサイクルショップや不用品回収業者でも着物の買取を行っているところがありますが、着物の鑑定はとても難しいので、できれば着物を専門に扱うお店で査定を受けることをおすすめします。基本的に査定は無料なので、複数の店で査定してもらい、一番高く買い取ってくれるところに買取を依頼することもできます。

着物の買取を依頼するには、お店に持ち込んで査定してもらう、自宅に査定に来てもらう、宅配で査定を依頼するという、大きく3つの方法があります。

 

お店に持ち込んで査定を受けるメリット・デメリット

自分の都合に合わせて気軽に査定を受けられるのが、お店に自分で持ち込む方法。値段に納得できない場合に断りやすい、一緒に様子を見ながら目の前で査定を受けられるというメリットがあります。

ただし、近くに店舗がなければ遠くまで行かなければならない、何店舗も回ることが難しい、着物の持ち運びに手間がかかるというデメリットもあります。

 

自宅に査定しに来てもらうメリット・デメリット

多くの着物買取業者が、出張査定を行っています。ほとんどの場合、買取を依頼しなかった場合でも査定は無料です。着物を移動させる手間がなく、自宅で待っているだけで査定に来てもらえる、査定の様子を見られるというメリットがあります。

デメリットとしては、わざわざ来てもらうので値段が不満でも断りにくいという点があげられます。

 

宅配で査定を依頼するメリット・デメリット

専用の箱を送ってもらい、査定を受けたい着物を送るという宅配の査定が人気です。

自宅にいながら査定を受けられ、いつでも自分の都合で申込めるというメリットがあります。およそ1週間程度で取引が完了、査定結果に満足できない場合でも気軽に断ることができ、再び送り返してくれます。

査定の様子を直接見ることができないという点がデメリットです。高価な着物の場合は、信頼できる業者かどうかをしっかり見極めた上で発送することをおすすめします。

 

 

5.着物を高価買取してもらうためのコツ!


flickr.com

せっかく着物を売るなら、できるだけ高く買い取ってもらいたいですよね。そのためには、買取を依頼するお店の選び方が重要になります。

 

きちんとした着物の鑑定ができる専門店を選ぶ

チェーン店のリサイクルショップなどでも古い着物を引き取ってもらえますが、高級品を二束三文で買いたたかれてしまう可能性があります。着物の鑑定はとても難しいので、知識のない店に買取を依頼してしまうと、100万円を超える大島紬と数万円のカジュアルな遊び着を同じ値段で査定されてしまうなんていうことも…。

鑑定士がいる着物買取の専門店を選びましょう。査定を受ける前に、ネットで口コミ情報を検索することをおすすめします。

 

着物は手入れ、保管方法が重要

せっかくの高級な着物も、手入れや保管方法次第で価値がゼロになってしまうこともあります。まずは、シミや汚れがないかどうかを確認しましょう。しわや折れがないことも大切なポイントです。

長年タンスにしまいっ放しというような場合には、湿気やにおいがこもってしまっているかもしれません。天気の良い日に風通しをしておきましょう。

 

 

6.まとめ


flickr.com

いらなくなった着物を上手に処分する方法についてご紹介しました。

近年、着物人気がじわじわと高まっています。タンスの中に眠っている着物、もし手放そうと思っているなら今がチャンスかもしれません!

まずは無料査定を受けてみてはいかがでしょうか?

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。