暖房機器の買い取りや回収を依頼するときに気をつけたいポイントと高く売る方法!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

暖房機器の買い取りや回収を依頼するときに気をつけたいポイントと高く売る方法!

flickr.com 買い替えや引越しのタイミングで使わなくなったヒーターやこたつなどの暖房機器、どうしていますか?シーズンオフはしまっておく場所が必要な季節家電はただでさえ場所をとるので、要らなくなったらすぐに捨ててしまうという方が多いかもしれません。でも、ちょっと待ってください。   中古の暖房機器は、売れます!!   近年、中古家電を取り扱う専門店、ユーズド全般を取り扱うチェーン店、ネットショップなどが増え、中古の暖房機器市場は大きな広がりをみせています。 かつては、こたつや石油ストーブが中心だった暖房機器の種類も、熱源のタイプやサイズ、メーカーの種類も増え、選択肢がぐっと広がってきました。それにともない、目的や用途に応じて暖房機器を使い分け、必要に応じて買い替えるという人も増えてきています。 中古の暖房機器を売る人、新品ではなく中古の暖房機器を買う人が増えて市場が活発になってきている現在は、中古の暖房機器を高く売れるチャンスなのです。 今回は、中古暖房機器を高く売る方法、処分する方法などについてご紹介したいと思います。    

1.高く売れる暖房機器ってどんなの?その査定ポイントとは?

  暖房機器といっても、さまざまなタイプがあります。電気、灯油、ガスなど、その熱源としているもの、部屋全体を暖めるハイスペックなものから、足元だけ、狭いエリアだけを暖めるものまで、種類もサイズもさまざま。 タイプや種類によって、査定価格がかなり異なります。  

熱源による暖房機器の種類

暖房機器はエネルギー源を使って熱を発し、周りを暖めます。エネルギー源には、電気、ガス、灯油(石油)のいずれかが使われます。また、暖房機器には、熱が空気を通して伝わってくるものと、ファン内蔵で暖かい風を送り出すものがあります。 中古暖房機器として売買される対象にはなりませんが、床暖房システムは、フローリングの下に通したパイプをお湯が通ることによって熱を伝えます。水を温める熱源は、ガス、電気などさまざまです。 <熱源による暖房機器3タイプ> ・電気で暖める ___こたつ、オイルヒーター、ハロゲンヒーター、パネルヒーター、遠赤外線セラミックヒーター、電気ストーブ、ホットカーペット、エアコン ・灯油で暖める __石油ストーブ、石油ファンヒーター ・ガスで暖める __ガスストーブ、ガスファンヒーター  

中古暖房機器でもオイルヒーターが人気!!

ヨーロッパなどで一般的に使われる暖房機器、オイルヒーターの人気が高まっています。ゆっくりと部屋全体の空気を暖めるため暑くなりすぎず、空気を汚さないのが特徴です。シンプルなデザインなのでインテリアの邪魔にならないというメリットもあります。 値段が高くまだまだ取り入れている家庭は少ないのですが、中古のオイルヒーターは高値で買い取ってもらえます。  

石油ストーブは根強い人気

灯油を買ってきて定期的に補充が必要な点、換気が必要、火事の危険性が高いことなどから、人気が下火になっているようにみえる石油ストーブですが、地域によってはまだまだ根強い人気があります。 火力が強いので気温がかなり低くてもしっかりと暖まり、熱源が石油だけなので、コンセントが使えない屋外でも暖まることができるというメリットがあります。 石油ストーブは、店舗によって取扱いが異なるので、高値で買い取ってもらえるお店を探して査定を受けてみましょう。また、石油ストーブについては、多少古くても、レトロなデザインのものを処分する場合は専門で査定を受けることをおすすめします。意外な高値がつくことがあります。  

新製品は要らなくなったらすぐに売ろう!

ホットカーペット、ハロゲンヒーター、パネルヒーター、遠赤外線ヒーター、そのほか新しいスタイルの暖房機器は、基本的にたいてい売れます。ただし、電気製品なので経年劣化に弱く、製造から5年を過ぎたものは、まだ使えても買い取ってもらえないというケースが多いようです。 買い替えなどで処分を検討している場合は、できるだけ早く売ることが大切です。無料での引き取りもしてもらえず、お金を払って処分しなければならなくなってしまいます。    

2.売れない暖房機器ってどんなの?

  中古暖房機器は全体的に人気が高く、小型でリーズナブルなもの、ハイスペックなブランド商品も買取可能です。ですが、状態によっては引き取りできないものもあるので、その場合は残念ですが廃棄処分することになります。  

買取対象は5年以内のものに限る

一般的に、電化製品は5年以内のものが買取可能となっていることが多いのですが、特に熱を発する暖房機器は、安全のため、製造から6年を過ぎたものは買取がかなり難しくなります。 買い替えを検討している場合は、できるだけ早く査定を受けることをおすすめします。  

リモコンなし、故障、不具合があるものは買取不可

故障していたり、不具合があるもの。リモコンなどの付属品が欠けていると、査定価格に大きく影響します。修理が難しい状態のものは買取不可となることが多いようです。 中古家電の専門店などでは、多少状態が悪くても、無料または安い金額で引き取ってもらえることがあります。暖房機器の廃棄処分にはお金と手間がかかるので、無料でも引き取ってもらえる店舗を探してみる方法がおすすめです。  

暖房機器の種類によっては断られることも

店舗によっては、買取可能な暖房機器の種類を制限している場合があります。例えば、灯油を入れて使う石油ストーブは対象外としている店舗がある一方で、コンセントがなくても使える石油ストーブに需要がある地域もあります。 断られてしまった場合でも、他の店舗では取り扱っていることがよくあるので、何店舗かで査定を受けてみることをおすすめします。  

廃棄処分は粗大ゴミ回収か、民間の回収業者に依頼

残念ながら処分することになってしまった暖房機器は、自治体の粗大ゴミ回収に出すか、民間の不用品回収業者に回収・処分を依頼することになります。いずれの場合も、手数料がかかります。    

3.暖房機器の高価買取ブランド

国内のブランドだけでなく、海外メーカー製の暖房機器も人気です。高値での買取が期待できるブランドをご紹介します。 <国内人気ブランド> CORONA(コロナ) Rinnai(リンナイ) DAINICHI(ダイニチ) パナソニック シャープ ほか <海外人気ブランド> Dyson(ダイソン) DeLonghi(デロンギ) Electrolux(エレクトロラックス) ほか    

4.暖房機器を高く売るために出来ること

  要らなくなった暖房機器を処分するなら、できるだけ高く買取してもらいたいですよね。査定を受けるタイミングや、メンテナンスの状態によって、買取価格は大きく異なります。  

季節家電は売るタイミングがいのち!!

どんなに優れた、機能やデザインを誇る暖房機器も、暖かい季節や夏には一切使われません。冬以外の季節にはほぼ需要がないということです。 暖房機器は保管場所を取るうえ、長期間使わずに保管している間に不具合が発生して売り物にならなくなると困るので、シーズン中以外では引き取ってもらえないケースが多いようです。もし引き取ってもらえたとしても、高値での買取は期待できません。 買取を依頼する場合は、寒い季節が始まる直前、シーズン半ばくらいまでに査定を受けるようにしましょう。  

丁寧なメンテナンスで査定額アップ

状態が悪いと売りに出すときにメンテナンスの手間がかかるので、どんなにハイスペック、ハイブランドの製品でも査定額が低くなってしまします。査定を受ける前にしっかりとクリーニングをして、必要な備品、取扱説明書などを揃えておくことも大切です。    

5.まとめ

  寒い季節に欠かせない暖房機器を売る場合の、気をつけるべきポイントについてご紹介しました。 寒い冬にはストーブとこたつで家族全員が暖まるというライフスタイルから、エアコンで部屋全体を暖める、セントラルヒーティングで家全体を暖める、というように、生活スタイルの変化に合わせて暖房の方法も変わってきました。現在の主流は、空気を汚さない暖房機器。部屋を暖めながら快適に過ごせることが重視されています。

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。