トップシーズンに引っ越しをするためには、いつ業者に申し込むべき?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

トップシーズンに引っ越しをするためには、いつ業者に申し込むべき?

3月といえば、引っ越しのトップシーズンですね。

進学、就職、転勤などで、とてもたくさんの人が住まいを移動します。

住み替えや個人的な事情による引っ越しであれば、空いている時期を選んで引っ越すことができるのですが、進学、就職ともなるとそうはいきません。

 

業者への依頼が殺到する引っ越しのトップシーズンに、引っ越し業者を抑えるためには、どれくらいの時期に申し込めば良いのでしょうか?

 

 

1.引っ越しのピーク時期の混雑状況

photo-AC

実際に、引っ越しのピーク時と閑散期とでは、混雑状況にどれくらいの違いがあるのでしょうか?

 

引っ越しのピーク時期は3~4月

引っ越し業者が最も混雑する時期は、進学、就職、転勤の辞令が出るタイミングです。

多くの場合、3月に進路や就職先、転勤先が決まり、4月上旬に新しい生活がスタートするので、3月後半が最も混雑する時期になります。

進学の場合は4月の前半に新学期がスタートするので少し余裕がありますが、就職の場合は、4月1日にスタートすることがほとんどなので、3月後半に卒業してから引っ越しをするまで、ほとんど日程の余裕がありません。

 

<引っ越しのピーク時期BEST3>

1位 3月後半(4月から新生活をスタートするならこの時期がベスト)
2位 4月前半(3月に引っ越しできなかったらこの時期しかない!)
3位 3月前半(余裕を持って4月の新生活に備える)

 

引っ越しピーク時期の混雑状況

ピーク時期と引っ越しの閑散期、引っ越しの依頼件数は何倍、ときには何十倍にもなることが予想されます。

しかし、業者が保有しているトラックの台数、引っ越しを担当する人材の数は限られているため、あっという間に予約が埋まってしまい、ほとんどの依頼を断らざるを得ない状況になってしまいます。

ピーク時期の直前になると、予約の電話さえもつながらない状況になってしまうことが多いようです。

 

 

2.引っ越しのトップシーズンは料金が割高?

当然ながら、混雑した時期には引っ越し料金がかなり高く設定されています。

閑散期と比べると、その差は1.5倍~2倍近くになることも!ファミリーでの引っ越しの場合はもともとの料金が高いので、そこからさらに1.5倍になると、10万円以上も高くなってしまうこともあるようです。

 

しかし、限られた日程の中で引っ越し業者を探さなければならないのは、皆同じ。みんなが一斉に、できるだけ安い業者を探すので、条件の良い業者の枠からどんどん埋まっていきます。

直前に申し込んでなんとか確保できたとしても、かなり割高のプランになってしまうのが現実かもしれません。

それでは、引っ越しのトップシーズンに、できるだけ良い条件で引っ越し業者を雇うためには、どのような工夫ができるのでしょうか?

 

 

3.トップシーズンに引っ越したい!

ベストな時期に確実に引っ越しをするためには、2~3ヶ月前には業者に見積もりの連絡を入れるというケースが多いようです。

それでも、条件の良い日程や業者はすでに埋まってしまっている可能性も!

3月後半から4月初旬にかけての、とにかく混雑する時期に、なんとしても引っ越し業者を抑えるには、少しでも空いている時間帯を選ぶのがコツです。

 

午前と午後、どちらが混んでいる?

遠くまで移動する場合、午後から引っ越しを始めると、引っ越し先に到着して荷ほどきをするのが夜になってしまいます。

朝から引っ越しを始めて、午後には荷ほどきが終わるスケジュールが便利なので、引っ越しは午前のほうが混んでいることがあるようです。

 

意外な穴場!引っ越しを避けがちな日とは?

仕事などの都合で、引っ越しを土日祝日に済ませたいと考える人が多いようです。3月末は年度末でもあるので、仕事を休めないケースがかなりあるからです。

ですので、月~金曜日のウィークデーがねらい目!

さらに、六曜をチェックしてみる方法もあります。

混雑している時期にそこまで気にしていられないというケースが多いと思いますが、意外とこだわりのある方もいるようです。次の項目で、六曜の意味についてご紹介します。

 

大安は混雑、仏滅の日は空いている?

カレンダーの片隅に書かれている、「大安」「仏滅」「友引」といった言葉の意味をご存知ですか?

大安は良い日で、仏滅は良くない日というぐらいに認識している方が多いと思います。

これらは、暦(カレンダー)に付属する注釈のようなもので、六曜(ろくよう、りくよう)と呼ばれています。起源は中国、鎌倉時代に日本に入ってきて、瞬く間に大人気になりましたが、何を根拠に決められたものなのかは、実は不明。中国でも今は使われていないようです。

「仏滅」という言葉が使われていますが、仏教とは関係ありません。

 

とはいえ、日本ではまだまだ六曜を信じている人が多く、大事な行事の日程を決める際に参考にしている人がたくさんいます。

 

六曜の意味と、引っ越しとの関係

六曜にはそれぞれ、次のような意味があると言われています。

ですので、大安の日や先勝の日の午前中、先負の日の午後は、引っ越しの依頼が多くある可能性があります。

仏滅の日や友引、赤口の午後、先勝の午後、先負の午前中など、縁起の良くなさそうな日程を選んで申し込むと、意外と空いていることがあるかもしれません。

 

<六曜の意味>
・先勝(せんしょう、さきがち)…午前中が吉
・先負(せんぶ、さきまけ)…午後が吉
・赤口(しゃっこう、せきぐち)…11時から13時頃が吉
・仏滅(ぶつめつ)…何事も避けたほうが良い日
・友引(ともびき)…昼は凶、葬式は避ける
・大安(たいあん)…最も良い日

 

引っ越し難民にならないためにできること

進学先、勤務先が決まってから引っ越しを業者に依頼しようとすると、どうしても3月後半、引っ越し期限の直前になってしまいます。

そんな時期に業者に電話をしても、ほとんどすべての日程が埋まってしまっているでしょう。では、引っ越し先や引っ越しの日程が決まる前に、引っ越し業者を抑えることはできないのでしょうか?

 

実は、できます!

正式な見積もりはできないので、仮予約というかたちになりますが、「これくらいの時期に、これくらいの規模の引っ越しを予定している」ということで、業者に事前に相談することができるのです。

明確な日程と引っ越し先を伝えることはできませんが、おおよその日程と希望の時間帯、運んでほしい荷物の量を伝えておけば、その時期にトラックを確保しておいてもらえる可能性があります。

 

引っ越しの可能性がある方は、ぜひ、とりあえず業者に電話してみることをおすすめします。

 

 

4.上手な引っ越し業者の選び方

引っ越しの時期が決まったら、あとは、業者を選んで申し込むだけ!

業者をどのように選ぶかということも、引っ越しをスムーズに済ませるための重要なポイントです。

 

信頼できる引っ越し業者を見極める方法

たくさんの引っ越し業者の中から、より良い業者を選ぶにはどのような点に注意すればよいのでしょうか?

 

予算の範囲内で、自分たちの状況にあったプランを提示してもらえるといったことも重要ですが、信頼して任せられる業者かどうかを判断するには、口コミ情報をチェックしておくことが大事です。

ネットを検索すると、大手の引っ越し業者だけでなく、地域限定で事業を行っている小規模の引っ越し業者についても、実際に引っ越しで利用した方の口コミ情報を見ることができます。

業者のHPに掲載されている利用者の声ではなく、別の情報サイトの口コミ情報をチェックすることをおすすめします。

 

また、見積もりや引っ越しの依頼をする際に、ネット経由ではなく電話で申し込む方法があります。

受付を専門に行うプロの業者を利用しているケースもあるので、必ずしも確実ではないのですが、気持ちの良い、フレキシブルな対応をしてくれる業者であれば、安心して引っ越しを依頼することができます。

あいまいな対応、見積もりを面倒がる、忙しいからとイライラした態度で対応しているような業者は要注意です。

 

 

5.まとめ

引っ越しの際に欠かせない引っ越し業者を、ベストのタイミングでおさえるためのポイントをご紹介しました。

ぜひ、参考にしてみてください!

 

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。