引っ越しでいらなくなった不用品はどこまで回収・買取してくれるの?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

引っ越しでいらなくなった不用品はどこまで回収・買取してくれるの?

「ものが多すぎて収まりきれない!」なんていうことはありませんか?

家の収納スペースの問題には、多くの人が悩まされているのではないかと思います。しかし、せっかく広いクローゼットがあっても、半分はいらないもので埋まっているなんていう方も意外と多いのではないでしょうか。
引っ越しで家中の荷物を片付けるときは、使っていないものやいらなくなったものを処分するチャンスです。不用品を処分して、新居ではゆったりと生活したいですね。

とはいえ、まだ使えそうなものを捨ててしまうのはもったいない!というときは、民間の回収業者に買取を依頼してみましょう。値段がつくものであれば、買取のうえリサイクルしてもらえます。
ただし、回収・買取が難しいというケースもあります…。

そこで今回は、民間の不用品回収業者に依頼する際に、回収してもらえないもの、買取が難しいものについてご紹介したいと思います。

 

 

1.回収を断られるものってどんなもの?

処分に困るものや、捨てるには手間のかかるものもまとめて回収・処分してもらえるのが、民間の不用品回収業者に依頼するメリット。

とはいえ、いらないものを何から何まで、すべて回収してもらえるわけではありません。危険物や法的に問題のあるものなどについては回収できないので、購入店に相談するなどして処分してもらう必要があります。

 

所持することができないもの

「銃刀法」と呼ばれる日本の法律をご存知でしょうか?

正式名称は「銃砲刀剣類所持等取締法」。拳銃、小銃、機関銃、猟銃などの銃器、弾薬あるいは武器として使用されるもの、一定の長さを超える刀や日本刀を許可なく所持してはいけないと、日本では法律で定められています。

そのため、このようなものについては一般的な民間の業者が回収することはできません。

 

取扱いが困難な薬品や危険物

在宅医療などで使われる薬品や注射器などの医療品、薬品、薬物。そのほか、人体、臓器、血液や細胞。動物の死体などについても、不用品として回収することはできません。

特に、医療品や薬品などは取扱いが難しく、場合によっては危険が及ぶ可能性もあるため、民間の回収業者に回収を依頼したり、自治体のゴミ回収に出してはいけません。必ず専門の機関で処理してもらうようにしてください。

 

法的に問題があるもの

著作権や名誉権のほか、他人の権利を侵害する可能性のあるもの、盗品の可能性のあるものは、不用品として回収することはできません。

 

 

2.買い取りを断られるものってどんなもの?

先ほども出てきましたが、銃刀法に反する物、薬品などの危険物、法的に問題のあるものは、状態のよいものであっても当然買取はできません。専門機関で処理する必要があります。

そのほか、業者に買取を断られるものとしてはどのようなものがあるのでしょうか?

 

壊れているもの・使えないもの

基本的に、壊れているものや使えないものは買取できません。修理して使えそうな状態であれば買取してもらえる場合もありますが、壊れているものは、基本的に、有料での回収・処分になります。

場合によっては無料で回収しえもらえることもあります。

 

古いもの・需要がないもの

高価な商品や高級ブランドのものであったとしても、古すぎるものや需要のないものは買取できません。

高いお金を出して買ったものや、思い入れのあるものについては、できるだけ処分せずにリサイクルしたいと思うかもしれませんが、残念ながら値段がつかないこともあります。見積り金額に納得がいかなければ回収をキャンセルすることもできるので、無理に処分せず、使ってくれそうな人をほかで探してみるという方法もあります。

 

 

3.回収業者以外で買取・回収できないものの処分方法

多少古いものであっても、まだ使えるものはできるだけ捨てたくないですよね。ゴミをできるだけ減らしてリサイクル・リユースすることで、地球環境の保護にも役立ちます。

 

いらなくなったものを人にゆずる

不用品を売るのが難しい場合でも、無料でゆずるのであれば、引き取ってくれる人が見つかるかもしれません。

大型家具やかさばる者、重たい物の場合は、受け渡しが大変になってしまうので、まずは地域の掲示板などでもらい手を探してみることをおすすめします。同じ地域に住んでいる人同士であれば、受け渡しもスムーズです。

 

取扱いが難しいものは専門の機関に相談する

危険物などの処分は、素人が行うと危険な場合があります。必ず専門の機関に問い合わせて正しい処分方法を確認するか、専門機関に処分を依頼するようにしましょう。

購入した店舗に相談する方法が確実ですが、わからない場合などはネットなどで調べてみてください。

 

 

4.まとめ

引っ越しでいらなくなったものを処分するときに、民間の不用品回収業者に回収を依頼すると、ゴミを分別しなくてもまとめて引き取ってもらえます。状態のよいものであれば、買取や無料での回収をしてもらえる点が、回収業者に依頼するメリットでもあります。

ただし、どんなものでも回収、買取できるわけではありません。取扱いが難しいものについては、専門の機関で処分してもらうようにしましょう。業者で買い取ってもらえないものは、人にゆずる、リフォームするなど、別のリサイクル方法もありますよ。

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。