引っ越しをお考えの方向け!一人暮らしの引越し費用の相場をお教えします!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

引っ越しをお考えの方向け!一人暮らしの引越し費用の相場をお教えします!

  入学、卒業、就職、転職。人生のステージが大きく変わる3月は、引っ越しの季節ですね。 もちろん3月だけでなく、さまざまなタイミングで引っ越しはつきものです。住み慣れた場所を離れて新しい生活を始めるための大きなイベントを、できるだけスムーズに済ませるには、どうすればよいのでしょうか?   引っ越しをする場合、どうしてもたくさんの荷物を運ばなければならないので、引っ越し業者を利用する方が多いと思います。業者に支払う引っ越し費用は、工夫次第で安く抑えることができるので、できるだけ安く引っ越しを済ませたいという方は、これからご紹介するポイントをぜひお試しください。 また、混雑する時期に上手に引っ越しをするためのポイントもご紹介します。これから引っ越しを検討している、いつか引っ越しをする予定のある一人暮らしの方、ぜひ参考にしてみてください。  

1.引っ越しをするタイミングはいつがおすすめ?

flickr.com 引っ越し業者が一年で一番忙しくなる時期は、皆さんご存知の通り、3月です。 例えば、新卒で就職のために引っ越しをする場合、新しい生活がスタートする日は、ほぼ4月1日と決まっています。それまで学生生活を送っていた場合、3月に卒業式が終わるまで引っ越しをすることができません。つまり、3月に卒業式が終わってから4月1日までの間に、引っ越しを終わらせなければならないのです。学生の場合は4月上旬に入学式があるので、3月後半から4月上旬までが混雑するピークといえます。 このタイトなスケジュールにそっておおぜいの学生や新入社員が引越しをするのですから、この時期に引っ越し業者を予約することがどれほど難しいかがわかります。 では、どのようなタイミングで引っ越しをすれば、よりスムーズに済ませることができるのでしょうか?  

引っ越し業者が忙しくなるピークは?

引っ越しをする人が増えて業者が忙しくなるピークは、3月下旬から4月上旬。そして、もうひとつ、転勤などで引っ越しが増えるピークが9月下旬から10月上旬にかけての時期にあります。 これらの時期の引っ越しを避けるべき理由は、混雑するため予約が取りづらいことと、繁忙期のため費用が割高になるためです。間近になって引越しの予約を入れようと思っても、希望の日時にはほぼ予約がとれないので、ただでさえ忙しい時期に、引っ越し業者を探し回らなければならなくなってしまいます。  

早めに予約を入れれば、忙しい時期でも問題なし

引っ越し先が決まったら、すぐに部屋を探して引っ越し業者を予約してしまえば、混雑する時期でもスムーズに引っ越しを終えることができます。 進学で引っ越す場合は、入学が決まり次第、新居の場所を決めることができます。就職の場合も、勤務先の地域がわかれば早めに引っ越し先を選ぶことができますし、独身寮に入る場合は引っ越し業者に予約を入れるだけ。半年以上先の予約をとっておくことも可能です。  

引っ越し業者に早めに予約を入れるメリットとは?

あまりに早く動き始めるのは、気が進まないという人もいると思いますが、引っ越し業者への予約は、早めに済ませるのも、引っ越しが間近に迫ってきてから電話をするのも同じ。早く電話をすれば、希望の日時を選ぶことができます。引っ越しの時期が決まっている場合はとくに、早めの予約がおすすめです。 業者によっては早割のサービスを実施しているところがあるので、繁忙期でも少し安く引っ越しを済ませることができます。  

繁忙期を避けて引っ越しをするとお得

時期に制限がなければ、需要が少なく安くなる時期に引っ越しをするとお得です。 春先のピークが終わった5月から秋のピークが来る前の8月までが、空いている時期なので引っ越し料金が安くなります。さらに、平日に引っ越しをすれば平日割引を利用できます。    

2.一人暮らしの場合に引っ越しにかかる費用の相場は?

flickr.com 一人暮らしの方が引越しをする場合、一般的に、費用はどれくらいかかるのでしょうか。新居を借りるための費用は条件によってかなり異なるので、今回は考慮しないことにして、引っ越し費用の相場について考えてみます。  

単身者の引っ越しなら、2tトラックか引っ越しパック

一人暮らしの方の引っ越しなら、2tトラックのサイズがちょうどよいサイズです。一人暮らし用の小さいサイズの冷蔵庫、洗濯機、テレビ、掃除機、電子レンジ、本棚、シングルサイズのベッド、自転車、衣類、段ボール箱10~20個ぐらいの荷物が余裕をもって入ります。 荷物が少な目の場合は、運送会社の便利なサービス「単身者向けの引っ越しパック」がおすすめです。コンテナ状のボックスに入るだけ荷物を積むことができ、ボックスごと他の荷物と運んでくれるので割安で引っ越しをすることができます。  

2tトラックを利用した場合の引っ越し費用

2tトラックで引っ越しをする場合の引っ越し費用は、およそ2万円~5万円。移動距離が少なく、混雑しない時期であれば2万円弱で済む場合もありますが、移動距離が長く、さらに繁忙期であれば、5万円近くかかります。  

引っ越しパックを利用した場合の引っ越し費用

ボックスのサイズは業者によって異なりますが、2tトラックの容量と比較するとおよそ3分の1程度。料金は、1万5千円~2万円です。移動距離が長くなった場合でも料金は変わりません。 ただし、夜間や土日祝日の配達には割増料金がかかってしまうことがあるので、注意が必要です。また、引っ越しパックのボックスのサイズは業者によって異なります。高さのある家具や幅のあるベッドなどを運びたい場合は、HPで引っ越しパックのサイズを確認してから申込みすることをおすすめします。 予定していた業者のボックスには入らなかった家具が、他の業者のボックスなら楽々入ることもあります。    

3.引越し費用をなるべく抑えるには?

  引っ越しをすると、業者に支払う引っ越し費用や、新居を借りるための費用のほか、新しく買いそろえる電化製品などの家財道具、生活が落ち着くまでの外食費、交通費などさまざまな費用がかかります。できるだけ費用を押さえて、リーズナブルに引っ越しを済ませたいですよね。 運んでもらう荷物を減らすことで、引っ越し費用を安くすることができます。  

要らないものを処分して荷物を減らす

引っ越し先で使うかどうかわからないけれど、とりあえず持って行こうと考えていると、荷物は際限なく増えてしまいます。荷造りをしながらできる限りものを減らしていくことで、運ぶ荷物を減らし、引っ越し費用を安く抑えることができます。 さらに、使わない家具やかさばる趣味の道具などをまとめて処分してしまえば、すっきりした新居で快適に生活することができます。  

引っ越し先に直接配送してもらうことで荷物を減らす

引っ越しのタイミングで家電などを買いそろえる場合、配送先は新居の住所にしてもらいましょう。運ぶ荷物がぐっと少なくなるので、引っ越しパックなどでリーズナブルに引っ越しをすませることができます。  

段ボール箱に全ておさまったら宅配で!

引っ越しは引っ越しプランを利用しなければならないと思っていませんか? 新居に持っていくものが少なく、段ボール箱だけでおさまってしまう程度なら、宅配で送ってしまってもOK。荷物がかなり少ないような場合には、引越しパックよりも安く済ませることができます。    

4.まとめ

  一人暮らしの方が引越しをする場合の費用についてご紹介しました。 引っ越しをして新しい生活を始めるには、とにかくお金がかかります。いろいろな工夫をすることで、数万円近くかかる引越し費用を3分の1程度に抑えることができるので、ぜひお試しください。  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。