どうにか売りたい!いらなくなった厨房機器の処分方法!-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

どうにか売りたい!いらなくなった厨房機器の処分方法!

和食、イタリアン、フレンチ、カフェ。ラーメン屋さんからファミリーレストランにいたるまで、飲食店には欠かせない業務用の厨房機器。一般家庭で使われる台所設備とは異なるプロ向けの製品だけに、とても高額なものばかりです。 買い替えや閉店などの事情でこういった厨房機器を処分する場合、普通のゴミとして出す出すことができないので、専門の取り扱い業者を利用するのが一般的です。 業務用冷蔵庫やショーケース、製氷機といった大型厨房機器から、寸胴などの調理器具、店内で使うテーブルやイスといったものまで、民間の不用品回収業者や専門の取り扱い業者が幅広く回収を行っています。 まだ使える厨房機器は買取も可能。高額な製品なので、できるだけ高い金額で買い取ってもらいたいですよね。状態のよい新しいものであれば、高額での買取も可能です。お金を払って処分する前に、ぜひ、買取可能かどうかの査定を受けてみてください。 業務用の厨房機器をお得に処分する方法、できるだけ高く売る方法についてご紹介します。    

1.厨房機器とは

厨房機器として取り扱っている製品には、冷蔵庫やシンク、グリルなど定番の調理器具から、エスプレッソメーカーやワインセラーといった特殊な機器、飲食店の店内で使われる食器やグラス、テーブルやイスなども含まれます。 専門の業者は、これらすべての厨房機器をまとめて取り扱っています。  

回収・買取可能なさまざまな種類の厨房機器

いろいろな形態の飲食店で使用される、幅広い種類の厨房機器のほか、店舗で使用されるイスやテーブルなども回収・買取されています。   ◆冷蔵庫・冷凍庫 冷蔵庫、冷凍庫、冷凍・冷蔵ショーケース、冷凍ストッカー、冷凍・冷蔵コールドテーブル、ワインセラー、ケーキショーケース、製氷機、アイスディスペンサー ほか ◆厨房設備 シンク、作業台、調理台、シェルフ、食器棚、食器洗浄機、空調設備(エアコン)、浄水器 ほか ◆加熱調理器具 ガスコンロ、IHコンロ、オーブン、フライヤー、ガスレンジ、グリル、コンベクションオーブン、スチームコンベクション、電子レンジ、トースター、グリル、ウォーマー、ミキサー、ゆで麺機、たこ焼き器、餃子焼き器 ほか ◆調理器具など ミキサー、スライサー、製麺機、炊飯器、コーヒーマシン、エスプレッソマシン、アイスクリームメーカー ほか ◆その他 テーブル、イス、カウンター、レジスター、ソファ、間仕切り、カラオケ機、マイク、スピーカー、皿、グラス、食器 ほか    

2.高く売れる厨房機器ってどんなの?その査定ポイントとは?

査定で高く評価される厨房機器とは、どのようなものなのでしょうか? まず、冷蔵庫や電気フライヤーといった電気製品についてはできるだけ新しい物が高く売れます。製造からおよそ5年以内が目安で、それ以上のものになると値段がつかず、有料での回収になってしまうことが多いようです。 また、国内の有名メーカー、ブランドの製品で汎用的な製品はニーズが高いので、査定が高くなります。逆に、めったに市場に出回らない希少な製品も高値での買取が期待できます。 ・製造から5年以内のもの ・有名メーカー、ブランドの製品 ・汎用的なもの ・希少な製品    

3.売れない厨房機器の処分方法!

残念ながら買取が難しい厨房機器は、廃棄処分することになります。解体されたのち、分別されて、再利用できるものは資源として回収されますが、厨房機器の多くは産業廃棄物として処理しなければならなりません。 そのため、厨房機器の搬出、運搬、解体、処分といった作業にとてもお金がかかります。  

産業廃棄物処理業者とは?

産業廃棄物は、自治体のゴミ回収では対応していません。産業廃棄物処理の許可を得た、専門の業者に回収を依頼する必要があります。 民間の業者が産業廃棄物を取り扱うには、産業廃棄物収集運搬と、産業廃棄物処理という二つの認可をそれぞれの都道府県で取得する必要があり、無許可で営業をすると法律で処罰されます。 不用品回収業者の多くはHPで、認可についての情報を公開しています。厨房機器の回収・処分は、都道府県の認可を得た業者に依頼するようにしましょう。    

4.厨房機器の高価買取ブランド

高価買取が期待できる厨房機器のブランドにはどのようなものがあるのでしょうか? まずは、名前の知られている国内有名メーカーのもの。そのほか、国内外で大きなシェアを持つブランドの製品であれば、比較的高額での買取が期待できます。  

高価買取が期待できる国内有名メーカー、ブランド

業務用冷蔵庫といえばホシザキ。全自動製氷機や業務用冷蔵庫で国内最大レベルのシェアを誇るホシザキの業務用冷蔵庫は、厨房機器の中古市場でも高い人気を誇ります。 調理台、食器洗浄機から、フライヤーなどの調理器具まで幅広い厨房機器を製造している、マルゼン、フジマック、タニコー。ショーケースの製造で有名なフクシマ。日立や、パナソニック、東芝、リンナイといった国内大手家電メーカーの製品も、査定での高い評価が期待できます。  

買取可能な厨房機器メーカー一覧

厨房機器から店舗設備まで、取扱い可能なメーカーをご紹介します(アイウエオ順)。 <ア行>愛工舎、アイセック、アイホー、アイリスオーヤマ、アコ・ブランズ・ジャパン、アスカ、アマノ(AMANO)、アリガ、ウィンターハルター(winterhalter)、永晃産業、エフ・エム・アイ(FMI)、エム・アイ・ケー、エルコム、エレクトロラックス(Electrolux)、大阪ガス、オザキ、押切電機、オーディオテクニカ、大穂製作所 <カ行>カシオ、関東混合機工業、カントーミキサー、北沢産業、クリナップ、グローリー、コメット、カトウ <サ行>サエコ(Saeco)、芝浦自販機、シャープ、鈴茂器工株式会社、セイコー(SEIKO)、サンデン、三洋電機(サンヨー)、シンコー <タ行>タイジタチバナ製作所、ダイキン工業、大和冷機工業、ダイレイ、タニコー、中部コーポレーション、テクノ・セブン、デバイスタイル、デロンギ(DeLonghi)、ドメティック(Dometic)、東芝キャリア、東芝テック <ナ行>中西製作所、中野冷機、ナカバヤシ、なんつね(南常鉄工)、ニチワ電機、ニッポー(NIPPO)、日本洗浄機(サニジェット)、日本調理機、ノーリツ <ハ行>ハトコ(Hatoco)、パナソニック、ヒゴグリラー、日立、フェローズ、フォルスター(forster)、福島工業、富士工業所、フジタカ、フジプラ(FUJIPLA)、フジマック、ボステック、ホシザキ電機(星崎)、ホバート(HOBART) <マ行~>マイコ(MEIKO)、マックス(MAX)、マミヤ・オーピー、マルゼン、三菱電機、三菱重工、明光商会、ユーロカーブ(EuroCave)、リンナイ    

5.厨房機器を売る業者選びのポイント

いらなくなった厨房機器や店舗設備を処分するには、自分でリサイクルショップやネットオークションなどで売ることもできます。 ですが、高価な厨房機器を売る場合は、専門の取り扱い業者や、厨房機器に対応している民間の不用品回収業者に依頼することをおすすめします。  

ハイスペックな製品ほど専門の業者に依頼すべき理由

高機能な調理器具や、有名メーカーのハイスペックな製品を売る場合は、絶対に専門の取り扱い業者での査定をおすすめします。 店舗を閉めるために不用品回収業者に片付けを依頼したついでに買取をしてもらうというケースがありますが、その業者が厨房機器の専門知識を持っていなければ、数千円で買えるオーブンも、エレクトロラックスの最新のコンベクションオーブンもまとめて買いたたかれてしまうでしょう。 また、希少な調理器具を買取してもらう場合でも、その製品を取り扱う販売ルートを持っていない業者にとっては、せっかくの高機能製品もただの中古品でしかありません。 厨房機器は、専門知識と技術、販売ルートを持った、専門の取り扱い業者に依頼することが大切です。  

自分でリサイクルショップに売りに行ってもOKなものとは?

例えば、炊飯器や食器類、店舗で使うイスなど、比較的小さなもの、多くの飲食店で使われる一般的な商品については、リサイクルショップで売ったり、ネットオークションなどで直接売ることもできます。 ネットサイトや掲示板などを利用すれば、購入者に直接販売することができるので、より高い金額で売ることができます。  

大型製品を専門の取り扱い業者に依頼すべき理由

大型の調理器具や大型冷蔵庫など、業務用厨房機器の中には、運搬や店内への設置に専門的な技術が必要なものがあります。 素人が自分で運搬して設置してしまうと、精密機器のトラブルを起こしてしまう危険があるので、専門的な知識や技術がある場合を除いて、おすすめできません。 また、引っ越し業者や宅配業者に依頼して運んでもらうこともできますが、厨房機器の設置にはまた別の専門業者が必要になってしまいます。運搬から搬入、設置までトータルに対応している、厨房機器専門取扱業者や民間の不用品回収業者に依頼することをおすすめします。    

6.厨房機器を高く売るために出来ること

厨房機器をできるだけ高く売るためのコツは、一般的な家電などを売る場合と同じ。できるだけ早く売ること、そして、しっかりとクリーニングをしてきれいな状態で査定を受けることが大事です。  

新しければ新しいほど買取価格が期待できる

とにかく、処分を決めたらできるだけ早く査定を受けて、買取を依頼すること。新しければ新しいほど買取価格が高くなります。モデルチェンジが早く、また、消耗が激しい厨房機器は、経過年数が経ってしまうと買取自体難しくなってしまいます。  

状態のよいものほど高く買取が可能

中古の厨房機器を購入するとしたら、できるだけ見た目のきれいなものを選びたいですよね。つまり、状態のよい、見た目のきれいなものほど高く売れます。毎日使う厨房機器は、どうしても汚れがたまりやすくなりがちですが、きれいな状態を保つことをこころがけて毎日の手入れをしておくことをおすすめします。 急いで手放さなければならない場合は別として、査定を受ける前に、できるだけクリーニングをしてぴかぴかの状態にしておきましょう。ひと手間で、査定価格が変わってきます。  

査定額をアップするためにできること

まず、取扱説明書や備品などをできる限り用意しておきましょう。きちんとクリーニングされて備品も揃っていれば、高く買ってもらえます。 査定時に動作確認をするときには、事前に電源を入れてすぐに確認が取れる状態にしておきます。冷蔵庫・冷凍庫などは数時間前から電源を入れておき、しっかり冷えていることを確認してもらうようにしましょう。 また、複数まとめて回収・買取を依頼することで買取額がアップする可能性があります。アイスクリームメーカーなど利用する時期が限られているものは、シーズンに合わせて売りに出すことでより高く査定してもらえます。 ・取扱説明書、備品を揃えておく ・すぐに動作確認ができるようにしておく ・きれいにクリーニングしておく ・できるだけ新しいうちに売る ・複数の製品をまとめて査定してもらう ・季節製品は売る時期に注意    

7.まとめ

厨房機器の処分方法、できるだけ高く売る方法などについてご紹介しました。 厨房機器も家電製品などと同様に、できるだけ新しいうちに売ること、クリーニングをしてきれいな状態で査定を受けることが大切です。 また、高性能の厨房機器は精密機器です。トラブルを避けるためにも、運搬・搬入・設置は、できるだけ専門の技術者に依頼することをおすすめします。  

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。