引っ越しを控えている方必見!中古の家具や家電を売りたい場合、リサイクルショップと買取業者どっちに依頼するのがいいの?-名古屋の不用品回収は業界最安値出張回収センター

引っ越しを控えている方必見!中古の家具や家電を売りたい場合、リサイクルショップと買取業者どっちに依頼するのがいいの?

引っ越しを機会に家電製品を一新、あるいは、新居に合わせて家具を買い替えるという方は多いのではないでしょうか。 家電製品には一定の寿命がありますが、家具は意外と長持ちするので、入居時に購入してからずっと使い続けているなんていうこともよくあります。引越しは、家財道具を買い替えるチャンスでもありますね。 *  *  *  *  * さて、買い替えでいらなくなったまだ十分に使える家具や家電は、ぜひ買い取りを検討してみましょう!思いのほか高額で買い取りしてもらえるかもしれません。 中古の家具や家電を売るなら、リサイクルショップや民間の不用品回収業者がおすすめです。では、近隣のリサイクルショップに自分で売りに行くか、業者に査定に来てもらうか、どちらがよりお得なのでしょうか?   実は、中古品の買い取り価格は店舗や業者によって異なり、どちらがお得かをはっきりと決めることは難しいのです。そこで、リサイクルショップと回収業者それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。自分の状況に合わせて、より便利な方法をお試しいただければと思います。 合わせて、できるだけ高く買い取ってもらう方法と買い取りが難しいケースについてご紹介します。ぜひ、査定時の参考にしてみてください!    

1.リサイクルショップに依頼するメリット・デメリット

大型の店舗を構えるチェーン店から、個人で運営する規模の小さな店、ジャンルをしぼった専門店など、たくさんのリサイクルショップがあります。 気が向いたときに気軽に商品を持ち込み、不用品を売ることができるのがリサイクルショップの特徴です。ただし、自分で商品を運ぶことができる場合に限られるので、大型家具や家電の場合は難しいかもしれません。  

リサイクルショップに依頼するメリット

・電話で申し込む必要がない ・業者を自宅に呼ぶ必要がない ・断りやすい  

リサイクルショップに依頼するデメリット

・家から運び出し、お店まで自分で運ぶ必要がある ・家の近くに店舗がない場合、遠くまで行く必要がある ・買い取りできない場合、持ち帰ることになる    

2.家具・家電買取専門業者に依頼するメリット・デメリット

不用品回収を専門に行う業者のほか、引越し業者や運送業者などが不用品回収事業を行っているケースもあります。 業者に依頼するもっとも大きなメリットは、手間がかからないという点。電話1本で自宅まで取りに来てもらえ、大きな家具の解体から運び出しまで手伝ってもらえます。 デメリットとしては、悪質な業者による不当請求や不法投棄といったトラブルが報告されており、業者の選び方が難しいという問題があります。  

家具・家電買取専門業者に依頼するメリット

・自宅まで取りに来てもらえる ・解体や自宅からの運び出しを手伝ってもらえる ・自分で車で運べなくてもOK ・祝日や夜間など、時間の融通が利く ・買い取りできない場合、そのまま有料で回収可能  

家具・家電買取専門業者に依頼するデメリット

・信頼できる業者かどうかの見極めが難しい    

3.どんなものなら高く買い取ってもらえるの?

査定で高い金額をつけてもらえるのは、どういうものなのでしょうか? 簡単にいうと、それを買いたいと思う人がたくさんいるような商品は高く買い取ってもらえます。自分にとってすごく役に立つものだったとしても、それを必要としている人がいなければ売ることができないので、買い取り価格は低くなります。   いらなくなった家具や家電を高く買い取ってもらえるポイントは、次の3つです。 ・できる限り新しいものであること ・人気のある商品であること ・ブランド品であること  

できる限り新しいものであること

中古の家具・家電どちらの場合も、できるだけ新しいということが一番重要になります。 「購入してまだ3年も経っていない」「使い始めて1年ぐらい」「まだ2年ぐらいしか使っていない」というようなものであれば、お金を払って処分するよりも、買い取りを依頼してみることをおすすめします。 サイクルの速い家電製品の場合、製造年から5年過ぎたものは買い取りが難しくなります。処分しようかどうか迷っている場合や、引っ越しの予定が決まっていてその際に処分しようと考えている方は、できるだけ早く査定を受けてみることをおすすめします。  

人気のある商品であること

売れている商品や人気の商品であれば、中古品でも需要があります。また、家庭で日常的に使われる洗濯機、冷蔵庫、掃除機、テレビといった家電は、中古品も常に需要があります。 日常的に使われるものや、多くの人が使う一般的な製品、使いたいと思う人が多いものは売れる可能性が高いので、査定額も高め。状態の良くないものでも、人気商品であれば無料で回収してもらえることもあるので、お金を払って処分する前に査定を受けてみるとお得に処分できるかもしれません。  

ブランド品であること

国内外の一流メーカーの製品、名前のよく知られたブランドの製品は高く査定してもらえることが多いようです。 これにはもちろん理由があって、名前の知られた一流メーカーの製品であれば「性能」や「耐久性」が保証されていると考えられるからです。    

4.買い取りを断られてしまう家具や家電ってどんなもの?

残念ながら査定しても値段がつかず、買い取りしてもらえない場合があります。そういった場合は、お金を払って回収・処分してもらうか、別の処分方法を検討することになります。 買い取りが難しいと言われてしまうのは、どのような家具・家電なのでしょうか?  

壊れているもの・使えないもの

あきらかに壊れているもの、破損しているもの、使用できない状態ものも。家電製品であれば、電源が入らないものなどは買い取り不可となります。 電化製品の場合はジャンク品としてかなり安く、あるいは無料で引き取ってもらえる場合もあります。  

目につく汚れや傷があるもの

たとえ状態のよい使えるものであっても、ホコリまみれで汚れのついたものは買い取ってもらえません。クリーニングやメンテナンスにコストがかかってしまうからです。 また、目立つ傷があるような製品は買い手がつかないので、査定が難しくなります。  

備品が足りないもの

本体はまだ十分に使えるが電源コードが壊れている、パーツがいくつか欠けているなど、使用が困難な状態のものは買い取り不可となることがあります。 部品が一部欠けているが使える、取扱説明書がないという程度なら買い取り可能ですが、査定額がかなり低くなってしまうかもしれません。  

専門的なもの・一般的でないもの

まだ十分に使えるものであっても、需要の少ない製品は買い取りを断られてしまうことがあります。 例えば、一般的なベッドやマットレスは状態が良ければ買い取ってもらえますが、ソファーベッドやウォーターベッドといった特殊なものはあまり売れないので、状態の良いものでもお金を払って処分しなければならないというケースが多いようです。 また、高価な音響機器やプロ向けの高機能な調理家電は、リサイクルショップなどでは値段がつかず、買い取り不可ということも。専門性の高い製品は、専門店や対応可能な業者で査定を受けることをおすすめします。    

5.まとめ

中古の家具や家電を処分する場合、リサイクルショップと不用品回収業者とではどちらがお得に処分できるかということについてご説明しました。   持ち運びが難しいものでなければ、何店かの不用品回収業者とリサイクルショップで査定をしてもらい、買い取り額の一番高いお店で売る方法がおすすめです。 運搬が難しい大型家具や家電の買い取りを依頼する場合は、自宅まで回収に来てもらえる不用品回収業者のほうが便利です。最近は出張買取に対応しているリサイクルショップもあるので、気になる店舗がある場合は問い合わせてみましょう。   引っ越しで忙しい、時間が取れないという場合には、都合のよい時間に自宅まで来てもらえる不用品回収業者に買い取りを依頼する方法がおすすめです。査定で値段がつかず、お金を払って処分しなければならなくなった場合でも、そのまま回収してもらえるので便利です。

サービス一覧

タグ一覧

コラムカテゴリー

無料一括見積もり

回収内容についてお教えください。詳しくご記入いただくほど、良い見積もりが提案される確率があがります!
お気軽にお申込みください。

※階数やエレベータの有無もできるだけご記入ください。

回収して欲しい画像を送ると、より早く正確な見積もりがわかります。